気になるコレステロールを食事で改善する時には

コレステロールが基準値より高くなっていると感じる人は少なくありません。コレステロールを抑えるために必要なことは、毎日の食事の見直しと、適切な運動の習慣にあります。カロリーが少なく、肉や脂肪が多くない食事が、コレステロールにいいと一般的には考えられているようです。鰯、ブリ、アジなど、背の青い魚を意識して食べることが、コレステロールにはいいと言われています。イワシやアジなどの青魚は、ドコサヘキサエン酸や、エイコサペンタエン酸などの成分が含有されていて、中性脂肪を下げる効果があります。エイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸によって、動脈硬化の原因となるLDLコレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすことが期待できます。食事から、エイコサペンタエン酸や、ドコサヘキサエン酸を取り入れる時には、熱のかけすぎで成分が壊れないようにすることです。食事で青魚を食べることが難しいという人は、エイコサペンタエン酸や、ドコサヘキサエン酸のサプリメントもおすすめです。食事の量を減らしてダイエットを行うことでコレステロールを減らすという方法は、健康を損なわないようにすることも重要です。ダイエットのために食事を見直す場合、炭水化物や、糖質を減らす人は多いですが、反動で肉や卵が多くなることもあります。食事の改善のやり方を誤ると、体重を落とすことができた場合でも、コレステロールが結果的に多くなってしまう可能性もあります。肉や卵、油脂などを食べるのではなく、野菜や海藻、キノコ類を意識した食事内容に改善することで、これを防ぐことができます。
妊娠中の貧血は胎児にも響く【今すぐできる3つの対策と予防方法】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です